生活費を稼ぐ学生の日常、いつもお金が無かったです・・・

高校を卒業して親元から離れて一人暮らしを始めることは不安と期待が入り混じってます。今まで自分のことだけを考えて暮らしていれば何となく生活できていた様に思っていたことは、全く見当違いだったことを思い知らされる、良い経験が出来ます。

 

どこにどれだけお金を使うのか?そういったこともしっかりと考えてなければなりません。景気が低迷して、消費税増税で逼迫した家計のなかからどうにか学費を捻出してくれたことに感謝しているので、生活費が足りないからもっと送ってほしいとはいえません。。。

 

バイトは当たり前だし、奨学金を利用する人もいるでしょう。本当ならサークルで友達を作って楽しく暮らしたいと思うけど、実際にはバイトと学校、家の往復であっという間に時間が過ぎると思います。

 

家賃や生活費は自分で稼いでいたので、勉強との両立の難しさはわかります。仕送りをしてもらっている同級生と一緒に出かけたり、飲みに行くということが出来なかったのですが、経済感覚が人一倍身についた感じがします。

 

それでも月末はピンチになることもあります。食事は外食をしたことが殆ど無く、スーパーのタイムセールを狙って買い物、自炊が毎日の定番でした。食費が節約できた理由の一つは、バイト先でまかない付だったので、バイトに行けばご飯が食べられたという点でした。

 

少し時給が安くてもまかない付きだと、食費が抑えられるし、帰ってから食べる食事もすこし持ち帰れたことがありがたかったです。

 

どうしてもピンチになったら。。。

 

ネット通販を利用したことがあるならクレジットカードを一枚は持っていると思います。キャッシング機能が付いているなら買い物で足りない分をキャッシングで支払うこともできます。キャッシングは借り入れなので、次回の支払として請求されますが、バイト代が入るのは確実なので、そこで返済する仕組みです。

 

ただし、まとまったお金が必要になる時はキャッシングカードを使ったほうが便利です。ピンチ!お金を工面したい時に、即日融資のキャッシングで借り入れができるので助かりますよ。
急に必要になったとき、即日キャッシングの審査ができると便利です。
手元にお金が足りない時に即日審査のキャッシングでお金を借りられるので便利ですよ。

 

 

卒業旅行の費用にしたり、教科書代に使ったりと目的自由に使える融資があるからお勧めです。申込みから審査結果まで15分程度の早いキャッシング会社があるので、緊急に備えて一枚用意しておくのもいいですよ。

更新履歴